アラスカシーフードについて

アラスカのシーフードは100%天然!

アラスカの大自然は、その緑の大地からの栄養を大海へと運び、
澄んだ空気と冷涼な海流が加わて、世界最大の豊かな漁場を育んでいます。
アラスカ産シーフードは、
この「手つかずの自然」と海が育てた安心安全な天然の美味しさ。

アラスカシーフードはなぜおいしい?

引き締まって栄養豊富な身質と臭みのない脂質、風味の高いナチュラルな味わい。それは冷涼な海流とこれ以上ないほどにクリーンな水質をゆりかごにして育った、 100%天然のアラスカ生まれのシーフードだから。

広大な海域の底には肥沃な大陸棚が続いています。海底の大陸棚にそって発生する海流は海の中の栄養源を海面へと常に押し上げ、太陽光が加わって大量のプランクトが発生すると、そこには豊かな生態系が生まれるのです。プランクトン、小魚、エビなどの栄養のつまった豊富な餌をたくさん食べて、様々な魚類・甲殻類はアラスカのクリーンな海で成長してゆくのです。美味しい理由はほかにもありますが、美味しくない理由はひとつもない、それがアラスカ産シーフードの魅力!

アラスカシーフードはなぜ安心安全?

厳しい排水規制と養殖漁業の禁止。重金属汚染、抗生物質の薬物汚染など様々な海洋汚染とは無縁の生息環境を確保。ずっと食べてもすっと安心のシーフード。

アラスカでは、餌に抗生物質などの薬物を使用する養殖漁業が禁止されています。汚水処理や、鉱業、林業、建設業などでも海洋環境に悪影響を及ぼす廃棄・排水の規制を強化。水質調査によるとアラスカの海は高濃度の石油炭化水素、PCB、農薬は検出されていません。米国食品医薬品局が定めた人体に影響を及ぼす汚染物質の規定レベルに近づく値を示したことはなく、世界で最も安全性の高いシーフードであることが証明されています。クリーンな海で汚染のない安全な魚を育てるために、アラスカは常日頃から海洋環境の保全に徹底して努めています。

品質管理と加工体制

アラスカ水産品のその高い品質を堅持するためには、漁獲方法から加工、保存状態から運搬に至るまで複数の工程の複雑な要素が関係します。加工は特に製品の品質を大きく左右する工程です。そのため「洋上加工」と「陸上加工」の2種類の加工を併用。魚種に応じた最適な加工を選択しています。空輸までの工程を効率よくスピーディに、そして厳しい衛生管理の中。鮮度維持と品質向上に努めています。

アラスカシーフードの種類

アラスカは 天然のシーフードの宝庫です。有名な天然サーモンには、紅、キング(マスノスケ)、銀、ピンク(カラフトマス)、チャム(白鮭)の5種類があり、特に紅鮭 は日本が唯一かつ最大のマーケットとなっております。サーモン以外にもオヒョウ、平目、カレイ類、赤魚等の岩魚類、鱈・銀だら・あいなめ・スケトウダラ等の底魚類、すり身、タラバ蟹、ズワイ蟹、ダンジ ネスクラブ、毛蟹、そしてたらこ、いくら、数の子、筋子なども生産加工され人気を集めています。詳しくはアラスカ産シーフード魚種一覧をご覧ください。

お問合せ

アラスカシーフードマーケティング協会

日本地区総代理店: アビアレップス株式会社内

〒160-0008 東京都新宿区三栄町26-3 インターナショナルプレイス
電話: 03-3225-0089
FAX: 03-5363-1118
Email: asmijapan@alaskaseafood.org