• HOME » 
  • サステイナビリティ

サステイナブルな
天然のシーフードとは?

What is wild and sustainable seafood ?

それぞれの種の繁殖や、取り巻く生態系の健全性をそこなうことなく、長期間にわたり、
その水産資源が持続するよう、責任をもって管理された漁業により漁獲されたシーフードのことです。
アラスカは、天然でサステイナブルなシーフードの産地です。

アラスカ産シーフード

アラスカには「絶滅危惧種」として指定されている魚種はありません。アラスカにおける漁業規制は全て生態系を守るためのもの。アラスカでは、商業漁業より水産資源の存続が優先されるべきものなのです。

アラスカでは、天然のシーフードはかけがえのない資源で、この自然の恵を継続して享受するために長い間努力してきました。漁業者や加工業者、科学者、そして規制関係者にとって、サステイナビリティは生活において重要なだけでなく、同時に伝統に 深く根差したものでもあるのです。

サステイナブルな
アラスカ産シーフードを
世界中の食卓に届けるために、
アラスカは州を挙げて
様々な課題に取り組んでいます。
たとえば・・・

漁業管理

           

アラスカは、科学に基づきサステイナブルに管理する漁業を成功させたパイオニアであり、世界中の漁業の手本となる存在であると評価されています。

1959年、アラスカがアメリカ合衆国の州となったときから、漁業のサステイナビリティは州憲法に掲げられています。アラスカ州、アメリカ合衆国連邦政府、そして国際的な機関がサステイナビリティというゴールを共有し、法的権限により過剰漁獲の防止、生態系や漁業コミュニティを守っています。

漁獲量の設定には、科学的、かつ予防的なアプローチを用います。これにより実際に漁獲される量(漁獲可能量)は 「許容された漁獲量(生物学的許容漁獲量)」より 大幅に低いレベルに制限されます。

無駄のない資源の活用

アラスカでは、自然の恵を無駄なく利用する伝統を何世代にもわたって継承してきました。豊かな恵みを最大限に活用すること、それは現在のアラスカの水産業において重要な原則となっています。

アラスカで漁獲される様々なシーフードのあらゆる部位が世界中の様々なマーケットで活用されています。また、多くの生産者は、生産過程で生まれる部位を利用して、フィッシュミールや魚油を生産しています。こうした取り組みによりシーフードの価値の向上や市場における多様性が実現するのです。

アラスカシーフードの
サステイナビリティについて知る
パンフレットをご用意しております。
ご活用ください。

アラスカ産シーフードの
サステイナビリティについて

ダウンロード

アラスカシーフード
サステイナビリティの教科書

ダウンロード

お問合せ

アラスカシーフードマーケティング協会

日本地区総代理店: 株式会社xpd 内

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
Email: ASMIJapan@xpd-inc.co.jp