魚種から選ぶ:

幸せ!まんまる銀だら餃子

作り方

1

銀だらは皮と骨を除き、ひと口大に切り、フードプロセッサーにかけ滑らかな状態にする。 小松菜はサッと塩ゆでし、水にとって水分をしぼり小口切りにする。塩を少々ふり、10分ほどおいて更に水分をしぼる。

2

―種を作る―
銀だら、小松菜、長ねぎ、しいたけを手で混ぜ合わせ、しょうゆ、塩、こしょう、ごま油を加える。

3

―包む―(写真で補足)
餃子の皮の表面に水を塗り、2枚に重ね、中央に2.の種を乗せる。 皮の半周に水をつけ、半分に折りたたむ。真ん中を指で押さえ、くぼみをつける。両端の皮を重ね合わせ、水をつけて閉じたものを20個作る。

4

―焼く―
フライパンにごま油(大さじ1)を熱し、いったん火を止める。3.をすき間なく並べて火をつけ、カリッとするまで焼く。 お湯100ml(分量外)を回し入れてフタをし、弱火で8分ほど蒸し焼きにする。 ごま油(大さじ1)を回し入れ、水分を飛ばすように表面をカリッと焼く。

5

皿をフタにしてフライパンをひっくり返し、白いりごまをふる。好みで酢醤油を添える。
材料:4人分
銀だら2切れ 200g
小松菜3束(120g)
長ねぎ1/2本(みじん切り)
しいたけ3枚(石づきを取りみじん切り)
しょうゆ小さじ1
塩・白こしょう各少々
ごま油大さじ1
餃子の皮40枚(もち粉入り/直径8.5cm)
酢醤油適量
ごま油大さじ1+大さじ1
<飾り用>
白いりごま適量

レシピ開発:マロン

pulibetpulibet iptv